リンツテディ缶&リンツリボンギフトボックスのチョコレート、予算1000円前後のプレゼントで喜ばれます。

リンツテディ缶&リンツリボンギフトボックスのチョコレート、予算1000円前後のプレゼントで喜ばれること間違いなし!

クリスマスシーズンだけの限定のリンツテディ&リンツリボンギフトボックスが我が家にやってきました。

リンツテディの笑顔がとってもキュート☆

リンツテディ&リンツリボンギフトボックス

クリスマスシーズンになると、リンツテディ缶が店頭や通販で販売されます。

1000円前後から揃っているので、クリスマスプレゼント交換や、ちょとしたプレゼントにも最適☆

リンツ チョコレートLindt はこちら

リンツテディ缶Sの中身と感想

ループがついて、クリスマスのオーナメントとしても使えるテディーの缶に入っていました。

リンツテディ&リンツリボンギフトボックス
ゴールドのテディーが、ツリーにも映えそうですね。

中には何がはいっているのかな?
というワクワクもありますねー。

さあ、オープン!!

リンツテディ

子供も隣にいて、
「早く早く!」
と急かされました。

リンツテディ

テディーチョコ

中にはいっていたのは
テディー型のチョコレート。

リンツテディ

一番に食べてしまいたくなるかわいさ。
なかは空洞なので、噛みやすい。

リンツテディ

赤いキャンディー包みには、ミルクチョコ

外側のシェルを噛むと中にやわらかいミルクチョコが入って、
口の中でとろけてとってもおいしです。

リンドール

リンツ チョコレートLindt はこちら

リンツリボンギフトボックスの中身と感想

パッケージにリボンがついているのでそのままプレゼントしても喜ばれそう!

ダークチョコ

青いキャンディ―包みに入っているダークチョコレート。
大人の味のちょっぴりほろ苦いチョコレート。
ダークが好きな人におすすめ。

リンドール

ピンクの包につつまれたのがストロベリー&クリーム

ピンクの包につつまれたのがストロベリー&クリーム
いちごのつぶつぶの食感があり、いちごの味がふわっと口に広がる美味しさです。

雪だるまのデザインは、ホワイトチョコ

リンドール

キュートな雪だるまのデザインのキャンディーのつつみが
中にホワイトチョコが入って
こちらもとってもおいしい!!

ホワイトチョコが好きな私は、この味にハマリました!!

リンツリボンギフトボックス
黄緑のキャンディー包がココナッツチョコレート。
かんだ瞬間にココナッツの香りが口に広がります。

コーヒーフレバーが薫るコーヒーチョコ

ダークチョコ色に包まれたのが、コーヒーチョコ。

リンドール
コーヒーのフレイバーが口の中で広がります。

リンツチョコレートなぜこんなにおいしいの?

小冊子が同封されていて、読んでみるとますます、リンツのおいしさの理由がわかってよかったですよ。

リンツチョコレートはなぜおいしいの

まず、独自の焙煎、非常に細かくするというグラインド製法というのがあって、リンツのとろける味わいは、このプロセスにいより実現しているそう。

リンツチョコレートはなぜおいしいの

最高級のカカオ

世界有数のカカオの産地から上質なカカオを厳選しています。

カカオ以外の食材も最高クラスの食材を調達して、加工しているそうですよ。

伝統として伝わる工程と、完璧な仕上げ

細心の注意を払って、見る、さわる、聞く、香る、味わうの五感を使い、

最初から最後まで手間をかけて、チョコレートを完成させています。

この工程は、100年以上の伝統があり、今も引き継がれているそうです。

こんなにこだわっているから、リンツチョコレートは、世界120国に愛されているんですね。

リンツテディ&リンツリボンギフトボックスのチョコレートがプレゼントにぴったりな理由

テディーの入れ物も、リンツリボンギフトボックスも見た目もプレゼントにぴったりなかわいさです。

リンツチョコレート
キャンディー包みもとってもキレイ、しかもおいしいので、もらった人は喜ぶこと間違いないしです。

渋谷の駅近くにリンツチョコレートのお店があって、夕方5時くらいにいつも女性客で賑わっているんですよねー。

プレゼントにも自分のご褒美にも高級チョコを私も買いますが、
やっぱりもらったほうが、うれしい!テンションが上がります。

リンツチョコレートオンラインショップは、8000円以上で送料無料です。
ネット限定品もあるので、御見逃しなく~!!

今回ご紹介したのは、リンツテディーS 1290円

リンツテディ

リンツリボンギフトボックスは8個入り1080円 です。

リンツリボンギフトボックス

クリスマスシーズンだけの限定商品です!!お見逃しなく~!!

リンツ チョコレートLindt はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする